競技規定 日 程


(1) チームは、選手 5 名以上、引率者 2 名以上(コーチ、審判、保護者)で編成する。 ただし、ベンチ入りできる引率者は 1 名とする
(2) 競技規則は、現行日本サッカー協会競技規則に準ずる
1) 5 人制で行う(内、GK 1 名)。ただし、競技人数は、対戦チームの合意の下、変更可能とする。
ベンチ入り及び交代人数の制限なし。指定された交代ゾーンより、自由な交代とする
(審判の許可は不要)
2) ボールは、4 号球とする。大会本部で用意する
3) スパイクは使用禁止とし、すね当ての着用を義務付ける
4) オフサイドなし
5) リスタートはスローインで行う(ファールスローはとらずに、正しいスローインを習得させる)
6) キックオフゴールは認めない
7) ファールは、全て直接フリーキックとする。その際、相手チームは 5m 以上離れることとする
8) 副審はおかない。フェアプレーの精神の元、過剰なアピールは控えさせる
(3) 競技方法
1) 総当りのリーグ戦とする(予定)
2) 試合は、3 ピリオド制とする。試合時間は、5分−5分−1分休憩−5分(ランニングタイム)とする。
また、1 ピリオド目と 2 ピリオド目は、必ず選手を入れ替えなければならない。
ただし、GK はこの限りではない。また、交代選手がいない場合もこの限りではない。
3 ピリオド目のメンバー構成は自由とする。ピリオドごとの陣地交代はなし
3) 順位は、勝ち点(勝ち:3点、引き分け:1点、負け:0点)により決める。また、勝ち点に加え、
「得点勝ち点制」を導入し、ゴール数もそのまま勝ち点に追加する
※選手のモチベーション維持、攻撃的な(守備より攻撃重視)ゲームの展開を期待
4) ユニフォームは、揃っていなくても良い。大会本部にて、ビブスを準備
(4) 引率者(指導者)へのお願い
1) 保護者の方、応援の方のサイドコーチングは控えてください(選手の判断を尊重)
2) 勝敗に重きをおかず、選手全員ができるだけ均等に試合に出られるようご配慮ください(プレー機会の確保)
3) 選手たちにフェアプレーを要求する以上、審判の判定には、抗議しないでください
(5) その他 1) 競技中の傷害について、主催者は責任を負わない
2) 審判員は、審判資格不要。また、審判服を着用しなくても良い。
1 名での審判が不安であれば、2 名で務めても良い
3) 災害時は大会開催 2 時間前に決定。WEBサイトもしくは、モバイルサイトにて確認